【簡単】イタリア語の自己紹介を覚えよう!

自己紹介ができるだけで、相手と打ち解けることができますよね。

今回は初心者の方が簡単に使えるフレーズをまとめました。

この記事を読むと、自己紹介のパーツを理解でき、繋げて話すことができるようになります。

ではAndiamo !!

自己紹介のパーツ

あいさつ

挨拶はこの2つをまずは確実に覚えましょう。英語のHelloに相当するものです。

「Ciao」

どの時間帯でも使えます。親しい間柄の人にはこちらを使いましょう。

「Buongiorno」

初めましての人や、フォーマルな場面ではこちらを使うことが無難です。

ある程度仲良くなればCiaoに変えていくと良いでしょう。

名前

自分の名前を名乗る時の言い方です。

英語では「My name is ○○」や 「I`m ○○」と言いますよね。

「Mi chiamo ○○」

My name is に相応するもの

「Sono ○○」

I`m ○○に相応するもの

どちらでも問題ないので、伝えやすい方を選びましょう。

年齢

自分の今の年齢を伝える時のフレーズです。

英語だと「I`m ○○ years old」が一般的ですね。

「Ho ○○ anni」

○○に数字を入れたら年齢を伝えられます。

ちなみにイタリア語では「H」を読まないので、「O」だけ発音しましょう。

ついでに、1〜10の数字も覚えておきましょう。

  • 1 uno
  • 2 due
  • 3 tre
  • 4 quattro
  • 5 cinque
  • 6 sei
  • 7 sette
  • 8 otto
  • 9 nove
  • 10 dieci

出身地

出身地は英語だと「I`m from ○○」が一般的な言い方です。

「Sono di ○○」

これは「Sono」の前に「Io」という「私は」が省略された形です。

省略した形で使うことが多いので、このまま覚えましょう

職業

職業を伝えるときもありますよね。英語だと、「I`m an office worker」ですよね。

「Sono impiegato」

男性ならimpiegato、女性ならimpiegata です。

最後の語尾がどの職業でも変化するので要注意です。

代表的な職業も覚えましょう。

  • 学生 studente(男性)、studentessa(女性)
  • 店員 commesso(男性)、commessa(女性)
  • 医者 Medico(男性も女性も同じ)
  • 先生 insegnante(男性も女性も同じ)

それ以外の伝え方なら「Faccio studente」も使うことができます。

初めまして

英語では「Nice to meet you」ですよね。

「Piacere」

シンプルにこの1語でOKです。簡単ですね。

自己紹介を繋げよう

では最後に6つをつなげて、自己紹介の文章を作ってみましょう。

つなげた自己紹介

Buongiorno.Mi chiamo ○○.
Ho ○○ anni.
Sono di ○○.
Faccio ○○.
Piacere.